英語で世界を広げたい!~英語学習&見聞録~

バイリンガルを目指す学習記録、勉強法、その他英語ネタ。同じように英語で世界を広げたい!と思っている人の参考になれば幸いです。

【Podcast/The Daily】大西洋をカヤックで3回横断したポーランド人

www.nytimes.com

最近は昼にジムで走りながらPodcastを聴くのが日課になっています。

今日聴いたThe New York Timesが提供しているPodcast「The Daily」で紹介されていた話(Alone at the Sea)がすごく面白かったのでご紹介。

なお、「The Daily」は1回30分~40分程度で、最新のニュースをたくさん届けるというより、一つのテーマを掘り下げているプログラム。回によって違うナレーターが話していますが、基本非常に聞き取りやすい英語なのでリスニングにおすすめ。

同プログラムによれば、ポーランド人探検家Aleksander Doba氏は、71歳の時、3度目の大西洋横断に成功しました。

最初の挑戦は65歳の時2010年セネガルからブラジルに渡った時で、65歳の時でした。

なお、大西洋をカヤックで横断した初めての人物はPeter Bray氏ですが、同氏は島から島へ渡ったのに対し、Doba氏は直接大陸から大陸に渡っており、これは世界初。Peter氏が76日かかったのに対し、Doba氏は99日かかっています。

Doba氏はこの航海で14キロ体重が落ちています。

二度目の挑戦は彼が67歳の時、2013年。リスボンからフロリダへ、196日かけて横断しました。

そして三度目は2017年9月、フランスからニュージャージー州への110日の航海。

Doba氏は、カヤッキングの他にも様々な冒険に挑戦していますが、残念ながら今年の2月、キリマンジャロ山の山頂で亡くなったようです。山頂に登って写真を撮るときに、ちょっと休ませてといって眠るように息を引き取ったそうで、冒険家らしい最後だなと思いました。

それにしても、一人カヤックに乗って人力で海を渡るというのは一体どういう感じなんだろう…。死ぬほどつらそう。Podcastでも説明されていましたが、塩水にずっとあたって皮膚や指はひどいことになるし、上半身しか使わないし、食事は基本的にフリーズドライ食品ばかりで、本当に大変そうです。睡眠も、航海中3時間以上続けて寝られたことはないらしい。

最初の挑戦が65歳というのもクレージーですし、そこから3回もやるなんてまったくアンビリーバボーとしかいいようがない…。

とはいえ、ウィキペディアをみると57歳の時にポーランドカヤック大会で優勝しているようですので、素人がいきなり思いつきで挑戦したわけではなく、もともとものすごい人物のようです。

Doba氏のカヤッキングの様子は、オリジナルウェブサイトでも観られます。

以下のフォトギャラリーの写真をみると、「これで何十日も過ごすのか!」と衝撃を受けること請け合いです。

aleksanderdoba.pl

マーク・ピーターセン先生の『痛快!コミュニケーション英語学』をざっと読み!

マーク・ピーターセン先生といえば、英語ネイティブからみた日本人が間違えやすい英語を日本人にもわかりやすく説明してくれているありがたい先生。

「日本人の英語」が有名ですが(私も昔読みました)、今日はだいぶ前から積読している一冊

「痛快!コミュニケーション英語学」

をざっと読みしてみました。

あまりにも昔から積読してたもんで、いつどこでどういう経緯で入手した本か覚えておらず、付属のCDも紛失しています…。

ちなみに本書は2002年発刊です。

 

 

目次

全10章構成。223ページ。本の厚さはそれほどでもないけどサイズが大きい。

扱っているテーマは、前置詞、時制、仮定、冠詞、使役動詞、Phrasal Verbs、接続詞、関係代名詞、能動態と受動態と、多岐に渡ります。

第1章 魅力ある前置詞たち
第2章 “時制心”を養おう
第3章 過去の世界、未来の世界
第4章 “仮定訪問”
第5章 冠詞と数:未知との遭遇
第6章 使役の“似たもの動詞”
第7章 人間味ある表現をめざして
第8章 つながりを大切に
第9章 意味の決め手の関係代名詞
第10章 論を唱えるとき 

全編にわたって、鳥山明の「Dr.スランプ アラレちゃん」が挿絵に使われていて親しみやすい。

ざっと読んで各章で面白そうな箇所をピックアップしてみましたが、この本は部分部分だけ読むのではなく、隅から隅までちゃんと読む価値がありそうです。

第1章 魅力ある前置詞たち

  • byとuntilの使い分け:これはわりとわかりやすい。
  • 複数の前置詞:ここは読みがいありそう!たとえば「I moved my car away from in front of her house」のように、前置詞が続いていてもいいんだよ、という話。

第2章 “時制心”を養おう

  • 「ネイティブスピーカーの時意識」のところが気になる。

第3章 過去の世界、未来の世界

  • Did youとHave youのニュアンスの違いについて。

第4章 “仮定訪問”

  • wouldの使い方
  • 仮定訪問 ザ・クイズ

第5章 冠詞と数:未知との遭遇

  • 「冠詞+名詞」がもつ意味について。

I like a dog:「名前は言わないが、ある犬が好きだ」

I like the dog:「あの例の犬が好きだ」

I like the dogs:「あの例の犬たちが好きだ」

I like dogs:「犬が好きだ」

I like dog:「犬の肉が好きだ」

犬が好きだ、というつもりでI like dogと言うと大変。

  • 可算名詞と不可算名詞

第6章 使役の“似たもの動詞”

  • 使役動詞の使い分け

この章では以下をすべて使ったマーク先生謹製の面白い例文が読めます。

make someone do something

let someone do something

have someone do something

get someone to do someting

第7章 人間味ある表現をめざして

この章では、英語を自然にしてくれるPhrasal Verbについて、基本的論理が紹介されています。

例えば

Put in

Put Forward

Put through

Put X to Y

Put Across

他にもOverを使ったPhrasal Verbが紹介されています。

第8章 つながりを大切に

この章で面白いなと思ったのは、「機械翻訳は可能か?」というところで、

「結果はケースによって変わった」

という文章を2002年当時もっともすぐれている翻訳ソフトにかけたところ

「The Results changed by the case」 (その一つの結果は、その一つのケースの傍らで変わった)

という意味のわからない文章になったようです。

でもいまグーグル翻訳にかけたら

「Results vary from case to case」

と、ちゃんと意味が通る文章になりました。やっぱ技術の進歩はすごい。

第9章 意味の決め手の関係代名詞

My wife, who works for a bank, is 35 years old

だと、妻は(銀行に勤めているものですが)35歳です、になる。

しかし、

My wife who works for a bank is 35 years old

だと、私の複数の妻の中で、銀行につとめているほうは35歳です、になってしまう。

奥が深いなぁ。

第10章 論を唱えるとき

受動態と能動態について。

 

以上、1時間ちょっとで気になるところをピックアップしただけなので、また時間を見つけてしっかり読みたいと思います。

【洋書】Daniel's Running Formula (Fourth Edition)をざっと読みしてみた!

f:id:someoneinthisworld:20210709140647j:plain
私は英語の他にランも趣味なんですが、ランナーの間では知る人ぞ知る本、

Daniel's Running Formula

の第4版がこの3月に発売になってましたので、思い切って英語版を購入しました!

(3版までは、日本語版も出ているようです)。

放っておくと積読になりそうだったので、熱が入っているうちに、とりあえずざざーっと目を通してみました。

 

目次

目次をみると、「Part I Understanding the Fourmula for Training」と「Part ll Applying the Formula to Competitive Events」の2部構成。いわゆる総論と各論のような構成になっているようです。

本文は全部で290ページ。文字が多く読み応えありそう。

総論

全部で9チャプターに分かれています。

ランニングの基本的な原則やコツ、VDOTについての説明や、トレッドミルでのトレーニング等、自分的に気になるテーマが満載。

f:id:someoneinthisworld:20210709141602j:plain

各論

こちらは、総論の『Formula』(公式)をいかにレースに当てはめるかを、レースの種類ごとに説明しているようです。

私はラソントライアスロンが気になります。

f:id:someoneinthisworld:20210709141525j:plain

全ページにざっと目を通して気になった箇所

  • p29 Stride Per Minutes(一分あたり歩数)は、着地の衝撃の観点から、180ステップがおすすめだそう。SPMはガーミンで調べられるので、意識してみよう。
  • p45 Maximum Heart Rateを知るには、2分間坂道ダッシュを繰り返し、一番高くなった時を取るとよい。「220-年齢」という式でもおおよその値はわかるが、人によって大幅に変わりうる。これも、ガーミンでMaximum Heart Rateを設定する時に役立ちそう。
  • p49 Chapter 4 Easy running, Marathon pace running(いわゆるペース走)、Threshold running(いわゆる閾値走), Interval training(いわゆるインターバル走), Repetition training(いわゆるレペティション)についての説明。ここは肝!あとでじっくり読もう。
  • p59 閾値走は基本一度に20分がおすすめ。
  • p113 トレッドミルでのランニングに否定的ではなさそう。
  • p229 マラソンのトレーニングについて。いろんなサイクルでの練習方法の紹介。

 

以上、30分程でざっと読みでした。

かなりマニアックではあるものの、説明はひとつひとつ丁寧な印象。

次はじっくり読むのが楽しみです!

軌道に戻すのはなかなか大変。

f:id:someoneinthisworld:20210707125450p:plain

休みをとるとリフレッシュできていいのですが、仕事や勉強等普段やっていたことを元の軌道に戻すのが大変だったりしますよね。
今まさに復旧作業中。特に仕事がな~…。

 

<今日の学習記録>

  • WordUp:10分。100語位。

ちょっと感動的に良かった英単語アプリ「WordUp」 - 英語で世界を広げたい!~英語学習&見聞録~

  • Weblio語彙力測定:2回。

【続報】オンライン辞書Weblioの「語彙力測定」&「単語帳」 - 英語で世界を広げたい!~英語学習&見聞録~

uwl.weblio.jp

  • Weblio単語帳学習:選択式問題による復習を少し。

オンライン辞書Weblioの「語彙力測定」&「単語帳」がめっちゃ良さそう! - 英語で世界を広げたい!~英語学習&見聞録~

  • ELSA(発音アプリ):今日はお休み。
  • FML(面白ストーリー投稿サイト):10個くらい。
  • PodCast:ジョグしながら30分。いつものChasing Life。今日は運動の効果と、笑いの効果について。
  • 英語のニュースラジオ:通勤で合計30分。

(英語以外)

  • Udemy講座 今日はお休み。

 

↓下の絵が、応援ボタンになっています。いつも応援ありがとうございます!にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村

仕切り直し

フリー素材画像 その5

214日間連続で記事をアップしていたのですが、久しぶりに途切れました。

予約投稿機能がうまく使えなかったのもあるのですが、あきらめて仕切り直そうと思います。

振り返ると、これだけ連続でアップできていたのは、新型コロナの影響で出張したり遠出したりが難しかったということもあります。

今後はアップが難しい日ももう少し出てくるかな…。

 

英語の勉強もちょっと途切れてしまいましたが、またぼちぼち再開します。

予約投稿うまくいかず…

数日更新できないだろうなということがわかっていたので予約投稿機能を試してみたのですが、どうもうまくいかずでした!(この記事は、後から投稿日付を遡らせてアップしています)

なんでかな~。

もう半年!

2021年も半分が終わりましたね…。はやすぎる。

できたこともあり、できなかったこともあり。

でも自分なりに精一杯はやってるかな、という感じです。

今日はバタバタなのでこんな感じで。